賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸物件に引っ越す際に、最低限行っておきたい事は、住民票の届けのほかに郵便局に転送に関する届けを行っておく事です。転送に関する届けを行っておけば、一年間は引っ越す前の住所に届いていた郵便物が新しい住所に届く仕組みになっています。数年に一回程度しか通知に関する連絡が来ないものに関しては、住所の変更を忘れると重要な通知などを受け取れない可能性もあるので、引越し前後において、住所変更などの行うべき手続きをしっかりと把握しておいて、できるだけ早めに済ませておくことがトラブルを防ぐコツです。

日々の生活において出たゴミに関しては、地域ごとのルールに従ってゴミを分別して、ルールに沿った収集日に指定のゴミ置き場に出す事が原則ですが、新しい賃貸物件に移る時にゴミ出しのルールを把握しておく事です。ゴミ出しのルールに関しては、物件の近くの集積所で確認したり、管理会社に問い合わせる方法もあります。また、住民票に関する転入の届出を提出する時に、新しい住所での役所で確認できる事やホームページでも確認できます。仮にゴミ出しに関するルールを把握せずにゴミを出した場合は、当然ながらゴミは回収してもらえなくて、回収されないゴミは集積所にたまるのです。

関連ページ

注目情報