賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸物件に引っ越す準備で大切なこと

大多数の方が住む機会がある賃貸物件ですが、引越しの前後は準備がいろいろとあります。準備を計画的に効率良くやらないと退去と入居は待ったなしですので、この大仕事がスムーズに行くようにまとめてみました。まずは、引越し当日までの逆算スケジュールをしっかり決めて、手帳に記録することです。連絡すべき先の書き出し(電気・ガス・水道・通信会社・カード会社などに転居の連絡)、荷物の梱包の計画、新旧の不動産会社への退去や入居に伴う立会いや支払いの連絡、引越し業者の見積りや決定業者との日程の話し合いなど引越しに関する全てのことをまとめたファイルを作ると良いです。

次にそのファイルのスケジュールに従って、作業を進めていきます。終わった作業はきちんと消しこみのチェックを入れて、作業がダブったり忘れることがないように常に確認します。引越しの手続きは細かい作業が多いので、記録をひとつにまとめておく方が効率的です。賃貸物件には決まりごとも多いので、不動産会社から貰う契約書などもまとめてファイリングしておけば、トラブルも無く安心です。

賃貸物件は退去の際、不動産会社の立会いで消耗箇所などの点検があります。あまりにひどい住み方をしていると入居時敷金以上の金額を請求されますので、「賃貸物件はなるべく丁寧に扱う」という気持ちで住むのが良いでしょうね。退去時に不動産会社とトラブルを起こさないのもスムーズな良い引越しに繋がります。

関連ページ

注目情報