賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸住宅へ引っ越しするときの必要な手続き

賃貸住宅への引っ越しする日が決まったら、水道・電気・ガスなどの住所変更か停止を依頼します。転出届けの手続きは引っ越しする日の1〜2週間前には終わらせておきましょう。転出届けの手続きと一緒に国民健康保険や国民年金などの住所変更手続きをしておきましょう。児童手当を給付されている方はそちらも手続きしておきましょう。印鑑登録の廃止手続きも市区町村により必要となる場合があります。市区町村役場で行う手続きは必要な書類などを持参してまとめて終わらせてしまいましょう

引っ越し先での挨拶も済ませておくといいでしょう。引っ越しの際うるさく思う方もいるかと思います。郵便局へ転送届けをだしておくと郵便物が一年間は古い住所の物も転送されてきます。引っ越し後、転入届や国民健康保険など市区町村役場での手続きが終わったら車やバイクなどの住所変更が必要です。住民票が必要な場合があるので事前に確認しておきましょう。他に生命保険や車の保険クレジットカード、免許証、車検証、通帳なども住所を変更しておきましょう。車の場合車庫証明書が必要な場合があります。不動産屋でもらった地図などをコピーしておくとフリーハンドで書くより楽です。犬を飼っている方は登録手続きがありますので事前に確認しておきましょう。

関連ページ