賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸住宅は引越しの際に様々な手続きをしなければなりません

賃貸に関する引越しの手続きは現在の住居形態である持ち家あるいは賃貸により転居の際、若干異なります。持ち家の場合は売却の手続きをしたからでないと賃貸住宅に住むにしても費用が無駄になることで、売却の期間中の住居費用を支払う余裕が必要になりますので難しくなります。しかし持ち家をしないで賃貸住宅を続けている人にとっては今まで住んでいた住居の大家に解約する事で転居出来、1箇月前に解約する事を大家に告げる事が必要です。そして生活してきましたので水道料金や電気料金の支払いを済ませなければなりません。

建物ですので生活をしていると入居の当時とは異なり、床、壁や畳等に傷を生じますが、そのために入居の際に修理費として先払いをしていますので、その金額以内であれば追加費用を支払う事はありませんが超えれば追加費用を支払わなければなりません。その傷の原因の多くは子供がする事ですが、その傷の修理費を支払う事になります。大人では壁や柱に穴を開ける事が多いですので、その修理代という事になります。そのような事で住居の傷の修理に充てるために事前に支払っている事になりますが返還された話を今までに聞いたことがありません。その事が問題になることですが賃借の無知から請求しないと考えられます。

関連ページ