賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸物件が決まったときに取る引越しの手続き

新しい引越し先になる賃貸物件が決まったら、その時点でできること、やっておくことは何かというのを、一覧にして書きだしておくとよいと思います。毎日の生活を送る場所が変わると、こんなにもたくさんの変更手続きをしないといけないのか、ということが身に染みて感じられるでしょう。会社に勤めている人は、会社に住所が変わったことを知らせないといけません。公的な機関にも年金や健康保険、運転免許証の発行などで、住所変更の届け出が必要です。引越し先の物件が決まったら、新しい住所が確定するわけですから、さっそく手をつけていかないとなかなか手続きが進まないでしょう。

新しい賃貸物件が決まったら、とにかく引越し作業に追われると思いますが、それと同時に住む場所が変わったことをしっかり連絡しておかないと、これまた後でいろいろな問題が起こってきます。郵便物が届かなかったら、大事な要件を見逃したり失ったりしかねません。そのためにも引越したときの手続きには何がいるのかというチェックリストを作って、それを見ながら優先順位を決めて、一つ一つこなしていくほかないでしょう。引越しは単に場所を移れば終わり、というものではないことがよくわかると思います。

関連ページ

注目情報