賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸マンションの引越しの手順

賃貸マンションへ引越しをするためには多くの手順があります。まずは、引越しをするマンションを決めます。家賃の選び方は、自分の月給を3で割った家賃のマンションを選びましょう。しかし、いくら家賃が安くても家賃以外にもお金を払う必要があります。そのことも考えてマンションを選びましょう。次にマンションの場所の選び方です。うるさくない所、近くにコンビニがある所など自分にあった環境のマンションを選びましょう。次に部屋の中の設備がちゃんと整っているかを調べましょう。以上のようなことはインターネットや家賃情報誌などで調べることができます。他にも不動産会社で聞いてみるという手もありますが、無理やり高い物件を買わされる可能性もありますので、注意してください。借りるマンションを決めたら次に、下見をしに行きましょう。下見をして実際に借りるマンションへ行ってみて自分が思っていた所と感じればそのマンションはやめてほかのマンションを選びましょう。下見は部屋の中だけでは無く、マンションの周辺も調べましょう。街灯はちゃんとあるか、近くに買い物できる店があるかなど、調べることはたくさんあります。マンションの駐車場の広さもきちんと見ておきましょう。

借りるマンションが決まったら、次に不動産会社に個人情報を書いた入居申請書を出します。次に賃貸借契約の書類を書きます。住民票、印鑑などが必要になりますので準備をしておきましょう。渡して許可が下りれば、お金を支払って、契約書、鍵などを貰って契約は完了です。

関連ページ