賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸の引越しでの手続き、転入届

賃貸では様々な手続きが必要になって来ますので、忘れないようにしましょう。例えば、転入届と呼ばれる物があります。これは届け出の期限がありますので、きちんとチェックしなければなりません。基本的に新住居なのですけれども、住み始めてから、十四日以内には市町村役場に届け出をしなければならないのです。十四日を過ぎてしまったならば、五万円以下の過料が発生してしまうので、注意をしなければならないと思います。

そしてこの転入届なのですけれども、事前に出す事は出来ないので注意しなければなりません。転出届ならば、引越しの二週間前から二週間後まで堤出の余裕があります。しかし転入届の場合ですと、実際に新住居に住んでからではないと受け付けて貰う事が出来ませんので注意をしなければなりません。他にも、住民ローンの手続きで、住民票が必要な場合もあります。しかし二週間後から住み始めるという場合でも受理されないので、注意しましょう。

実際の引越しとは関係ありません。つまり、住民票の手続きだけは、済ませなければならないという状況もありますので、これは忘れないようにしなければならないと思います。きちんとチェックをしておく必要があるのではないでしょうか。

関連ページ

注目情報