賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

早めにしておきたい賃貸住宅の引っ越し手続き

引越は自分だけ移動すればいいというものではありません。今まで住んでいた家から新しい家に引っ越すにもいろいろ細々とした手続きがたくさんあります。引っ越しが決まったら一ヶ月前までには決めておきたい手続きについてみていきましょう。

一番最初に決めておきたいのは引っ越しの日程です。新しく借りる部屋の契約開始日と今まで借りていた部屋の契約終了日を調整してなるべく双方の賃貸料が被らないように引っ越しの日時を決めたいところです。できるだけ家賃が二重に発生しないように調整しましょう。学校に通っていて転校が必要な家族がいる場合は学校手続き関連に必要な書類も早めに揃えておきましょう。市区町村によって手続きが異なるので確認も大切です。新しい部屋に持っていくものと不要なものの選別も早めに決めておきましょう。冷蔵庫や洗濯機など家電の不要品はメーカーや販売業者、リサイクルセンターなどにリサイクル料金を払って引き取ってもらうことになりますが連絡してすぐ日に引き取ってもらえるとは限りません。また早く不要品が選別できれば中古品買取業者に買い取ってもらったり、フリーマーケットに出品したり、知り合いに引き取ってもらったりと処分費用を節約することもできます。

ぼやぼやしているとすぐに賃貸住宅の明け渡しの日が目前に迫っていて焦ってしまうということもあるでしょう。早め早めのスケジュールを立てて慌てず無駄のない引っ越しをしたいものです。

関連ページ

注目情報