賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸物件への引越しの後

賃貸物件へ引越しが終わった時にも終了後に行っておかなければいけない手続きがたくさんあります。転入届は引っ越し後の14日間で行わなければいけません。期限があるので、しっかり守って手続きを行う必要があります。転出時に交付をされる転出証明書を持って役所に行かなければいけません。転入届を出さなければ、困ることはたくさんあるので、必ず行っておく必要があります。また近隣への挨拶はどうしたらいいのかということも考えておく必要があります。中には挨拶はしないというところもあるので、事前に確認が必要となります。

重要なことで忘れがちなのが、友人などへの引越しの挨拶です。通知を出して引越しをしたことを伝え、新しい住所を知らせておいたほうが良いです。音信不通になってしまうようなことがないようにしなければいけません。丁寧な引越しのお知らせがあれば、付き合いも長く続けることができるようになるのかもしれません。預金通帳やクレジットカードに関する手続きも必要です。保険も住所変更の手続きを必要とすることなので、必ず確認をしておかなければいけません。資格や何かの会員になっている際にも住所変更の手続きが必要となってくるのです。

関連ページ