賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸での引越しの手続きで出す書類は

これは賃貸物件に引越しするのに限ったことではありませんが、引越しをする際には手続きの1つとして書類を出さなければいけません。それが転出届か転居届のどちらかです。どちらを出すかは別の町に引越しするか、それとも同じ町へ引越しをするかで変わってきます。

別の町へ引越しをするのなら役場に転出届の方を提出します。この際に提出するときとして印鑑が必要となりますので必ず用意をしておきましょう。そうすると役場の方でその証明書を貰うことができ、それは引越し先で転入届を提出するのに必要となるので、大事に保管しておきましょう。尚、提出に関してはもちろん引越す前に出しましょう。ちなみに提出する役場は引越す前の役場なのでそこは気をつけてください。

次に同じ町へ引越す場合ですが、こちらは役場に転居届を提出することになります。ただ、こちらの場合は提出期間として引越しをする前というよりは引越しをした後に提出するようになっており、引越しをしてから14日以内に提出する必要が出ます。同じ町で住むということでこちらは転入届は必要ありません。この転出と転居による提出期間の違いというのは意外と間違えやすいものになっているので気をつけましょう。

関連ページ