賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸の引っ越し手続き急な転出の場合

賃貸の引っ越しでは転出の手続きをしなければいけません。通常は引っ越しの2週間前から受付てもらえますが、場合によっては急に引っ越しをする事になったという人もいるのではないでしょうか。また中にはそうした手続きを忘れている場合もあるでしょう。急に転出届が必要と言われても困ってしまうのかもしれませんね。でもこれはとても大切な手続きですので省く事はできません。また新しい住居先でも住民票を移す際に転出証明書が必要となりますので、なんとかして手続きをしておかないといけないでしょう。

転出届に限り郵送でも取り扱ってもらえるようです。やはりその後の転入届の事など考えると困りますよね。例えば遠方に引っ越しなどして気がついた場合、また元の場所に戻るのは大変です。そういう時は郵送で受け付けてもらえると助かるのではないでしょうか。ただ市町村によって必要な書類など若干違いがあるようですので電話をして確かめてからの方がいいでしょう。やはり遅れてしまった分手続きも少し煩雑になってしまうのかもしれませんね。転出届については引っ越しの2週間前から受け付けてもらえますのでわかっているのなら忘れずに済ませましょう。またその他にどうしても自分でできない場合は代理人にお願いする事も可能です。

関連ページ