賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸の引っ越し手続き転出届は2週間前から

賃貸の引っ越しの手続きでは転出届も必要です。やはり住民票を移しておく事は大切でしょう。中にはこの手続きを忘れてしまう人もいるようですが、選挙の投票など様々な場面で不便が生じてきます。ですから引っ越しをする場合は住民票の移動をしなければいけません。通常旧住所のところでまず転出届を提出します。引っ越しの日程に合わせて行いますが、直前になると他の事で忙しくなってしまうため少し早目に行った方がいいかもしれませんね。だいたい1週間くらい前には済ませましょう。転出証明書というものをもらえますのでそれを受け取り、その後の転入届に備えて保管しておきます。引っ越し作業でバタバタしているのでなくさないようにしたいですね。

引っ越しの際の転出届でなどはいつでも行えるわけではありません。手続きをする期間は限定されていますので注意しましょう。引っ越しをする2週間前から手続きは可能です。また引っ越し後も2週間までは手続きができるようになっています。前後で約1カ月ほどありますのでこの間に手続きを済ませるようにしましょう。引っ越しの際は何かと忙しくなるのでまだまだ時間があると思わず早目に動きたいですね。直前になると気分的にも慌ててしまいますので気をつけましょう。

関連ページ