賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

市内の賃貸に引っ越し転居届について

賃貸の引っ越しでも市内でする事もあるでしょう。近場なので引っ越し作業も楽かもしれませんね。ただ市内に引っ越す場合と市外に行く場合とでは若干手続きなどが異なるようです。市外に行く場合は転出と転入の2つの手続きが必要ですが、市内の場合は転居の手続きだけで大丈夫です。ちょっといい方が似ているので間違いやすいのですが、市内の場合は転居になりますので注意しましょう。住民票の移動などをする必要がないため市内の方が少し楽かもしれませんね。ただ住所が変わっているのでそれに関して変更する必要があります。

転居届の場合は引っ越しをしてから2週間以内に済ませましょう。市外に引っ越す時とは違い、転出の手続きは必要ありません。ですから引っ越し前にする事はなく、引っ越し後に転居の手続きとなります。手続きも一度で済むため負担も少ないですね。また、ちょっと注意したいのは少しでも住む場所が変わった場合などもこの手続きが必要となります。例えば同じマンションでも部屋が変わった場合などがそれにあたりますので気をつけましょう。部屋番号だけですが住所の表示が変わりますよね。ですからこれに関して転居届が必要です。引っ越しでも市外に行くのと市内とでは違いますので覚えておくといいですね。

関連ページ

注目情報