賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸物件引越しの手続きについて

賃貸物件引越しの際契約時などさまざまな手続きが必要となります。ただ手続きについてベースが一緒でも最近は保証人などにも色々なシステムがあるので一丸に同じながれではなくなってきているかとおもいます。わたしが一番最初の引越しの時は保証人はなく保証会社のみ対応している物件でしたので保証料が必要となり、親族の提出書類は不要でした。

都内に住んだ物件では保証会社がなく保証人が必要で、在籍の確認はもちろん、審査の際に源泉徴収、収入証明、印鑑証明などが必要となったケースもあります。引越しは自分ひとりで手続きができるかとおもいきや、まわりのひとがいてくれてできることでもありますね。物件がきまってからの手続きはとても早くおこないます。手続きがスムーズに進まないと他にまっている方もいっらっっしゃいますし、オーナーさんを困らせてしまいますもんね。ご家族のご協力、また自分もある程度仕事の時間を割いて考えて効率よく物件めぐりをして、引越しの手続きをするといいでしょう。わたしは最短で12月27日に物件をきめて30日には引越しという経験もあります。ですが不動産屋さんも親切にご対応いただいたり、引越しやさんも手配いただいたり良心的な担当さんで助かりました!

関連ページ

注目情報