賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸の引越しの手続きは印鑑登録を忘れないように

賃貸の引越しなのですけれども、印鑑登録についてはきちんとしておかなければなりません。印鑑登録なのですけれども、居住地の市町村役場でやる事になります。住民票が移動する場合、その時点で、廃止になるので注意しなければなりません。印鑑登録の廃止なのですけれども、ほとんどの市町村の場合ですと、廃止の手続きは必要ありません。転出届けをすれば自動的に廃止される事になりますので、そんなに心配はありません。ただ、必要な所もあるかもしれませんが、ちゃんと確認しましょう。

廃止の手続きは必要は無いのですけれども、印鑑登録証明書は無効となります。だから、返却しておけば確実だと思います。引越しをした先で、転入届を提出しなければならないのですが、その場合、新規で印鑑登録が出来ます。だから、転入届の際には、実印を用意しておいた方が良いと思います。印鑑登録なのですけれども、まず、時間はかからないです。だから、必要になった時に登録しても大丈夫だと思います。やっておきましょう。

引越しにはこういった手続きが沢山ついてくると思います。何が必要なのか、事前にちゃんと調べておく必要があるのではないでしょうか。そうする事で、スムーズに手続きが出来ます。

関連ページ

注目情報