賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸と転出届けについてです。

引越しというのは頻繁に行う事ではない事だけに、いざという時に何をどうして良いのかがわからなかったりします。1年を通して何度も引越しをする人は稀で殆どの人がその土地、その住まいで何年も過ごしますからね。それは賃貸物件やマイホームなども関係なしにです。例えば、引越し先が違う市町村になるのであれば、役場に「転出届け」を出さなければ成らず、ある程度面倒はある事を覚えて起きましょう。尚、同じ市町村区内で引っ越す場合には転居届けが必要となり、引越し後でなければそれを受け取ってもらえないそうですよ。

少々面倒そうな転出届けですが、それを役場に報告するのは1から2週間前が目安です。しかし役場によってきまりも違うらしく、グダグダと成らないためにも前もって電話などで尋ねてみて下さいね。転出届け時に必要なのは、身分証明書となるモノが1つとしてあります。運転免許無ければパスポートなどでも良いらしいですね。後は印鑑と国民健康保険です。面倒に感じそうですが、何事も慣れであります。多少面倒ではありますが、慣れてくれば次に引っ越す際にスムーズよく進められますからね。頑張りましょうね。また、転職届けを出したが転職が廃止になった場合は、役場にそれを尋ねて適切な対応をして下さいね。

関連ページ