賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸で引越しをするのなら印鑑の手続きを忘れずに

賃貸物件で今の町から他の町へと引越しをするのなら、転出届、国民健康保険の資格喪失届の提出と同時に印鑑登録の廃止をしてもらう必要があります。尚、あくまで他の町へと引越しをする場合なので、同じ町で引越しをするのならこの手続きをする必要はありません。それと印鑑登録の廃止ということなので実印を持っていないのならこちらもやる必要はありません。

手続き自体は転出届と資格喪失届と変わらずに役場ですることになります。その2つの書類を提出する同時に実印の登録時に交付された印鑑登録書を返却しましょう。ここで気をつけたいのが他の2つは提出なのに対し印鑑登録書は返却だということです。なので他の2つは引越しの際に用意するので紛失する心配はあまりないですが、印鑑登録書は印鑑登録の時に交付されるということで、紛失する危険性が高い書類です。引越し自体を考えることは後の方になることもあるかもしれませんが、もしもの時のために印鑑登録書は交付された時に分かりやすいところへと保管しておいた方がいいでしょう。尚、印鑑登録書を返却するのはいいですが、その時に同時に印鑑登録証も必要となります。書と証で勘違いしやすいですが、どちらも必ず用意をしましょう。

関連ページ