賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸住宅への引越しの手続き方法

春に限らず、一年中通して、引越しをする人は大勢いるので、引越し業者はつねに忙しいのにその中で、これからの季節はもっと忙しくなるでしょうね。さて、今回は、引越しをする際の気を付けたいことの、「手続き」を中心にお話したいと思います。

引越しをする際に住みたい部屋が決まったら、不動業者さんや、大家さんを交えての手続きが、あります。自分の希望の条件に合った賃貸物件が見つかり、賃貸借契約を結ぶこととなった場合でも、その前に「家賃等の交渉を行いましょう」。例えば最初で、「もしも、エアコンが壊れた際は最初から、取り付いているが、住人の過失により壊れた場合は、住人が負担する、または、最初から、過失があったかもしれない、わからない。といった場合は、お互いが、半々の金額を出して、負担する」などといった、契約を結んで、すべてが納得いくまで、とことん話をしてから、引越しの手続きを完了させるなどしておかないと、後々トラブルになる場合もあるので、注意しましょう

また、おまけ程度の余談ですが、最近は、家賃を下げてくれないかと、交渉する方も(特に学生さん等)もありますので契約の際に、ダメもとで、交渉してみるのもありではないでしょうか?

関連ページ