賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

もれがあると後から大変になる賃貸の引っ越し

賃貸からの引っ越しは、準備や引っ越し自体も大変ですが、いろいろな手続きも面倒でとても大変です。もし、引っ越す先が賃貸の物件ならば、引っ越す先の管理をしている不動産の会社が光熱費などの資料等は用意してくれることが多いですが、退去する側はほとんどが自分でやらなければなりません。

引っ越しの手続きは、前もってやっておかなければうまくいかない事がほとんどです。光熱費等は、退去する一週間前には確実に連絡しておかなければなりません。そうしなければ、払わなくても良い料金を支払わなければならなくなります。また、特に注意が必要なのは、インターネットをつないでいた場合です。インターネットをつなぐための機械やコード等は、インターネットの会社へ郵送等で返却しなければなりません。そして、忘れがちになるのが、郵便局への引っ越しのお知らせの手続きです。これをやっておかなければ、ほとんどの郵便物は退去する賃貸の物件へ届けなれてしまいます。引っ越しの手続き等で大切な書類も多くなるので、郵便局への手続きは、忘れずに確実にやっておいた方がいいです。その他にもたくさんの手続きがあります。カード会社やよく通販をするサイト等あります。忘れないようにリストに書き出しておくのも一つのやる方です。また、子どもがいる家庭では、学校の手続きも、忘れてはいけません。

やることが多い引っ越しの手続きですが、一つ一つ確実にやっておくことが大切です。

関連ページ