賃貸物件に引っ越す時の手続きの例

賃貸への引越し手続きで大変だったこと

賃貸への引越しは何度も経験していますが、毎回、とても大変だと思うことがあります。それは手続き関係です。まず、現在、住んでいる賃貸の引き払い手続きが必要になります。それから、新しい引越し先への賃貸契約手続きも必要です。いろいろな書類が必要になってくるので、役所関係への手続きも必要となってきます。普段はあまり役所へ行くことがないということもあり、どこの窓口でどういった書類を貰えばいいのか、オロオロしてしまう人も多いはずです。それから、住所変更となる関係で銀行や郵便局といったところでも住所変更の手続きが必要になります。

こんなふうに見てみると、いかに手続き関係が多いのかということが分かるはずです。働いている人の場合、平日はなかなか手続き関係に動けないので、特に大変だと思います。しかも、賃貸への引越しをするには荷造りなども行わなくてはなりません。休日に少しずつ荷造りしながら、手続き関係の準備もしていくというのは、せっかくの休日も全てなくなってしまうような感じです。そこでお勧めなのは、できるだけ早めに準備することです。荷造りは引越しの一ヵ月前くらいから少しずつ行えるようにすることで、随分と楽になります。手続き関係は引越し当日近くにならないとできないので、順序だてて考えていくとスムーズにいきやすくなります。

関連ページ

注目情報